カテゴリー「つれづれ」の6件の記事

2010年9月23日 (木)

20年前の羽田成田や蘇我の写真

Hnd01_2

バブルの頃の羽田エプロン。JALもANAもJAS(旧TDA:東亜国内航空)も昔の塗装。JALは2つ前の塗装だし、ANAもダヴィンチのヘリコプターマーク、JASに至ってはもう会社自体がない。遠くにぼんやりと始まったばかりの埋め立てが見える。

Ana

モヒカン塗装の、ANA(トライスターL1011)。最近の航空機に比べると、ずいぶんずんぐりした形に見える。

Hnd2

ボーディングブリッジは、確か5スポット程度しかなかった。残りはすべてバススポット。便数も今の半分程度だと思うが、今より車や人の動きが多くて眺めていて飽きない空港だった。

Jal2

JALのDC10。タラップも屋根ありと屋根なしがあって面白い。手前のバスも、新旧混ぜて使われていて、今よりも統一感がない、よく言えばバラエティのある風景だった。後ろに着陸するANAのジャンボは、旧C滑走路だと思う。この着陸ルートは、大井埠頭の上を旋回するが、今のCにくらべてはるか内陸側を通るので、急なバンクをつけてのアプローチ。羽田カーブなどと呼ばれていた。

Lift_2

ボーディングスポット不足を解決するべく考えられたのであろう、バス客室がそのまま航空機の高さまで上昇して乗り込める車。こういった苦肉の策的、場当たり的な感じが、いかにも昭和っぽい。

Jal_2

旧B滑走路に着陸した、JALの747。今のB滑走路より少し京浜島よりにあったので、離着陸ともに迫力が今とは大違いだった。88年か89年に沖合に現在のA滑走路が出来てからは、夏の南風時は、この真上を低高度で着陸機が通り、続けざまに旧B滑走路からの離陸が見られたこともあった。

Hndtwr

中華航空公司のジャンボ。当時は中国が成田発着、台湾(中華民国)が羽田発着だった。羽田からの中華航空は台湾以外にもハワイ線などがあったはず。後ろに見えるのが懐かしいターミナル地区と怪しさたっぷりの管制塔。

 

Hndtwr2

何年か後の写真。JALやANAの塗装が現代に近くなっている。ターミナル地区の管制塔は2本あって、黒くて低い方は、昭和30年代に使われていたものが廃墟的に残っていたようだ。そして手前の運河にはいつも警戒船がいた。

Terminal

展望デッキから見たターミナルと管制塔とレーダー。使われなくなった黒い管制塔は、現役時代は見ていないが、資料写真によると白かったようだ。なぜ現役を退いて黒くなったかは不明。

 

Nrt01

これは買った絵葉書から80年代の成田。当然ターミナルはまだこれしかない。DC-8が駐機していたり、滑走路脇の燃油タンクが紅白幕だったり、いろいろ古いけど、なぜか今よりも「国際空港」らしさがあった気がする。それに古くてくたびれた羽田ばかり行っていたので、この頃の成田は、すごく輝いてみえた。

Hnd_new

そんな時代に羽田の沖合に、突如蜃気楼のごとく現われた今のターミナル西地区。まるで未来だった。92年頃京浜島から。

Soga

おそらく蘇我の川崎製鉄。第五高炉がこの中にあるのか分からないけど、とにかくまだ高炉が元気な時代。89年の日付が入っている。


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年9月14日 (火)

手羽先、メトロ6517、外環ツアー、新宿駅前風呂

R0012033_3

R0012125_2


 

 

R0012094_2

[夏の終りの秋葉]

 


R0012148

R0012162

うまみ手羽先
タイ料理屋で誕生日祝ってくれた。





R0012172

R0012173

6517号車で帰宅。昔の人の未来;メトロ車のMマーク=ウルトラマンの四次元怪獣ブルトンも、レトロフューチャー感を加速させる。調べたら6517号車は1972年9月6日の竣工なので、もう38年物だけどリフォームしているから内装もご覧の通りとてもきれい。さすが営団車。

R0012177

R0012184

R0012189

新宿




翌日は、@kakuyodo氏の案内で外環千葉区間の見学へ行った。

R0012226

高架下公園。みちのくが全然由来なさそう。




R0012227

立ち退き住宅や町工場。実に風情ある。




R0012249

うさぎの目が怖い。





R0012251

僕らの時代にももうなかったような古いそろばん塾。




R0012241

R0012253

R0012268

これは、工事用資材搬入トラック用の仮設の高架橋。いわば"メタ"道路。



R0012245

しかし"メタ道路"自体も、この進捗ぶり。




R0012281

R0012282

京葉道路の下を通る道。狭すぎるけど、タクシーの抜け道になっているようで、ちゃんと通れる。

R0012293

 

外環とのジャンクション建設のために、京葉道路も路線を一時的にずらしている。だからカーブが極めて無理した感じに。


R0012322

R0012338

鬼塚PAと、トイレの前のマスコット。





R0012366

京葉線で二又新町へ。これは市川塩浜での乗り換え風景。階段をダッシュして、反対車線の電車に、急いで乗り換えた。(こうしないと二又新町へ行けないのだ)





R0012367

二又新町。LED看板が表示するように、ほとんどの列車が通過する。



R0012387

R0012395

この後、高谷ジャンクション建設現場へ向かったのだが、時間の関係で僕はここで引き返すことに。


R0012397

また京葉線で急いで新宿へ向かう。




R0012400

R0012414

AXE「新宿駅前風呂場」開場前後の風景。この日は木口亜矢、谷桃子、小泉麻耶だった。谷桃子って、なんだか発言に年齢感じる・・・。それにしても、この企画のコンセプトというより、混乱や事故もなく新宿駅前という混雑する場所でイベントを遂行できてしまうのがすごい。特に警備とかしていなかったみたいだけど。

R0012404

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土)

仕事で損失20億円と孫請のセンチメンタリズム。

060

数年ぶりに、大きめのトラブルをかかえています。
正確には2年8ヶ月ぶり?
ただ、今回の方が損失見込が甚大。(前回は2億弱)

今回はやや少なめに見積もっても、
直接費 1.5億
遅延金 5億
間接・管理費負担 1億位?
計: 概略8億

今度偉い人が海外に飛んで実態調査し、状況しだいでは品物をまるごと破壊して検査。 さらに結果によっては、、、追加で数億損失はありえる。 突き詰めると、最悪過去案件にも波及したら、20億円以上は覚悟。まあ過去分に関しては、トラブル表面化するまでは素知らぬ顔するしかないですが、下手すれば会社の1年の利益がぶっとびます。結果責任的に僕の首も飛ぶのか? もちろん所掌責任が全て僕のみに収斂するわけもなく、なんとか大丈夫とは思うが、場合によっちゃ腹をくくりります。いずれにしてもそうなったら会社で疎まれるであろうことうけあいな予感。 そんなわけですが、現状いちヒラの僕が解決できる問題でもなく、おとなしくじっとして続報を待ちます。

1505813478_1

自己弁護かもしれませんが、トラブルが起きてから対処する会社の体質自体が、もともとリスキーなんではと前々から思ってました。 イケイケどんどんの雰囲気の昨今なうえ、数百億円規模の仕事が取れる可能性があるらしく、そうなって社内ムード的に今回の件をみんなが忘れてくれると、気持ち的には楽ですが。

それにしても、僕の毎年の給料400万円弱(同年代では相当いいほうなはず)に対して、仕事規模のリバレッジが大きすぎな気もしないでもないなぁとつくづく。そして、トラブル中の100億円案件にしても、もともとの親案件は8000億円~1兆円規模。あらためて、その下請のさらに孫請的な仕事してるんだなぁ、と妙にせつなくもなり。

1505813478_150

さて週末は心配していても仕方ないので、洗濯物をしたり、天気もいいし、買ったばかりのD3000で、被写界深度の浅い写真を撮りにいこうか?

| | コメント (78) | トラックバック (0)

2010年2月 2日 (火)

モツ鍋からモツが消えた日

金曜、京成で人身事故があったり、新幹線でも架線が切れて火事になったり、
首都圏を中心に交通が大混乱したフライターク。

土曜、朝から大宮八幡宮(永福町)に行く。
境内清掃のボランティア+日本神話の勉強会。
この会月1回開催で、今はまだ男だけですが、
いずれ、婚活神社化を目論んでおります。
夕方から、両国へ。
同じ年の女友達がマンションを買ったので、そこで鍋パーティー。
モツの入ってない、モツ鍋だったが、美味。
彼女は、スカイツリーができたら、買値以上で売れると目論んでるとのこと。
1枚上手だ。

日曜、二日酔い気味で広尾に。
R8080315
有栖川庭園に隣接する70年代マンションの、RC感と、塔屋がかっこいい。調べてみたら、家賃170万以上するぜ。間取りも200平米以上ある高級タイプにしても、築40年近いのに、資産価値はすごい。

午後からフランス大使館の「ノーマンズランド」へ。



R8080318 新しいほうのフランス大使館の壁。
木目調だが、実はコンクリート。
予想外に混んでいて入れなかったので、



てくてく六本木方面に歩いていく。
R8080322 古RCマンションの1階に、ギャラリー。
錆びた鉄に生花植えたりして、なかなかの侘び寂び。
錆びた金属にも、独特の味わいはある。
これが本当の侘び錆び。







R8080351 広尾~六本木にある個人医院。
フォントが素敵。




R8080354 広尾と六本木の境界線にある、「男女サウナ」
側面のテントつき外階段が、70年代レジャーランドを想起させる。
このあたりから、一気に下品な町並みに変貌。



R8080366
ミッドタウンでやってるThe Outlineというデザイン系をみる。
3人とも、やたら材料の質感にこだわる人間なので、
展示物にべたべた触ったり、金属の品質にうるさい僕は、
デザインチェア(ステンレス鋳物製)の内部鋳造欠陥を発見したり、地べたに這いつくばって鑑賞したり、自由。

R8080380
ミッドタウンで、フォー(パクチー増量)と生春巻きを食べて帰りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月13日 (火)

スカイツリーの建設現場を見てきた

Topskyatree_4 最近、電車からもよく見える、スカイツリー。浅草から歩いて見に行ってきました。下町の商店街に突如あらわれた世界レベルの鉄骨の、あまりに暴力的なさまを中心にレポートする。

Boryoku_3買ったばかりのリコーCX2の300mmズームを生かして撮影。傍若無人な破壊力で、ドーンドーンと出来てきている。説明看板によると、現在160~180m位のようです。完成すると600m以上と聞いているので、この4倍近い暴力っぷりが実現されるわけだ。 Boryoku2_2 Boryoku3_3

Withflower_2あまりに無骨な写真ばかりになりすぎると思って、花を入れた。接写力を生かして。

Sukasazu_2あまりに人間味のない写真ばかりになるので、行き当たりスナップ。

Hicon0_2 Hicon_2せっかくなんでハイコントラスト白黒機能も使う。

Gyudonその後なぜか青山に移動して吉牛で並。久々に食べたが、東京の吉牛はうまい。(千葉県内はところによりいまいち)

Doutor1青山のドトールは、なぜか少し瀟洒だ。なぜなら青山だからだと思う。 Doutor2

Hills青山から見える六本木ヒルズも、やはり暴力的な感じ。個人的にはアークヒルズも忘れないで欲しい。

Sorakuダイナミックレンジ拡大ダブルショットの力をかりて、トウキョウソラ区暫定復活。ダイナ(略)のせいか、ややオランダっぽい色の雲。

Saikaihatu渋谷に行ったら、東急会館があったところが無くなって、再開発中。不思議な小路が宮益坂(←読めない)の方へ通じていた。

Nenndaimono古めの都市型アパートメントの裏側がよい具合。

Kunou再度行き当たりばったりスナップ。タイトル”苦悩”(安易)

Hdrmiss_2 ダブルショットはミスると、アヴァンギャルド風に。(あるいは下手なレタッチ風)

Sukasazu2_2強力な連写機能を生かして、秒間30コマから1枚を抜きだすという、緊張感のかけらもないスナップ。

Realclothes主張する、渋谷の、リアル・クローズ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

9月後半という事象。

シルバーウィークは、特になにもすることなく、ブラブラゴロゴロしていた。
もう9月も後半になる。8月の終わりごろから、夏の終わり感が出てきて、心理的に連続性を欠いたまま、こういう季節になる、毎年。
年々、季節とか台風とかに敏感に影響される体質に。
連続性の無さ、というとかっこよいのだが、単にそのときの気分で生きているだけなのだ。でも、人間とか動物って、おそらくみんなそんなもんだろう。
0909230190 0909230177 0909230141





一貫性をもって生きようとは努めてみるものの、結局、その季節、その季節の気分で、日々を生きている。
今年の秋冬は、今まで以上にセンチメンタルになるだろうと、予測される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

つれづれ | カメラ | スナップ写真 | 都市・土木