« モツ鍋からモツが消えた日 | トップページ | 千葉市不動産巡り。 »

2010年2月 9日 (火)

羽田D滑走路 見学会、トークショー

羽田空港の沖合に4本目のD滑走路を、埋め立て+ジャケットのハイブリッド工法で造成中です、今年中に供用予定ですが、見学会の知らせを聞き、行ってきました。

主催されたのは、土木学会 というまじめな学会。
http://www.jsce.or.jp/

案内いただいたのは、JFEエンジニアリングをはじめとするジョイント企業体の技術屋の方々です。

10bus朝に品川駅からバスで出発。現場へ向かいます。

15tenbodai簡単な説明の後、ヘルメット、ライフジャケットを着て、まずは展望台へ。みんな、真剣なまなざし。

20bridge

25overview展望台より。既存の空港方面と、新滑走路方面。

30juki重機。

40sodehomenジャケット部。遠く千葉方面がみえます。

35kimitsu着陸機と、君津製鉄所(新日鉄)

45seifusenyoおそらくハイチへ自衛隊派遣のため、政府専用機がいました。

50skytree中央防波堤埋立地の先に、スカイツリーが。

55stairジャケットの下が見学できるよう、階段をおります。

59kyokyaku3柱6本で、1枚のジャケットを支持しています。

60kyokyaku1_2柱にはステンレスを巻き、ジャケット底部にはチタンを使うというぜいたくぶり。

65kyokyaku2_2もはやなんというか、この神殿っぷりには、高架橋脚FC会長の田村さん(示し合わせたようにやはり参加されてました)も賞賛。

現場監督の方は、気さくに質問にも答えて頂けました

70rw再度バスに乗り、D滑走路のエンドに向かいます。だだっ広い。

75rwjuki工事車両も、大きい。

80rwendbusランウェイエンドに到着。

85rwend3寒かったけど、すばらしい滑走路日和。

90rwend2D滑走路供用後、羽田発着便に乗る際は、空港カウンターで「Dでお願いします」といってしまいそう。使用滑走路航空券指定売り、とかしてほしい。

93yudo誘導等の基礎工事。(浦安方面)

96rinkaiohashi昼食とトークショーのために、バスで移動。建設中の臨海大橋が見えました。

98culculお弁当昼食後、お台場のカルカルでトークショー。非常に興味深いお話。土木技術者女性の会の話があまり聞けずに残念でしたが、個人的には土木学会会長のシメのお言葉「コンクリートから人へ、ではなく、良いコンクリートが良い人を育む」にいたく感動しました。

99siryo資料もいろいろいただけて、満足です。

981kanranおまけ。カルカル前の観覧車。冬晴れで、すごくクリアに、彩やかに撮れたので。


 



 




 


 

 

|

« モツ鍋からモツが消えた日 | トップページ | 千葉市不動産巡り。 »

都市・土木」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1269238/33303424

この記事へのトラックバック一覧です: 羽田D滑走路 見学会、トークショー:

« モツ鍋からモツが消えた日 | トップページ | 千葉市不動産巡り。 »