« 高架下初詣、カジュアル土木、ディテールについて、 | トップページ | モツ鍋からモツが消えた日 »

2010年1月19日 (火)

マンション78 激戦区

突然だが、僕はマンション78が好きである。
マンション78という言葉は、そもそも僕の造語なので、何のことだか分かる人はいないと思うので一応説明しておくと、
・1978~1983年頃に
・大手デベロッパー(主に長谷工)の手により
・主に首都圏の
・都営よりは駅から遠く、公団よりは駅に近い場所で
・とりわけ工場や倉庫の地方移転した後の遊休地に
・数百世帯規模で
・3DKか3LDKで60m2くらいの部屋の
・白色系の吹きつけの壁に
・原色系に塗った台形方のエレベータ塔と
・80年代前半的でなイメージの名称を付けて建設された
・民間分譲タイプのマンション
である。

百聞は一見にしかずである。江東区は木場において、マンション78の群生地を発見したのでここに報告する。

R8080138  R8080140_2 R8080147









R8080156 R8080201_2 R8080204









典型的、マンション78である「木場ハイツ」、79年長谷工の物件。マリンブルーのエレベーター塔、50~60m2の居室面積。名前の「木場ハイツ」こそ、巷の賃貸アパートのようにカジュアルだが、おそらく1年遅く80年代に入ってから建てられたとしたら、また違ったネーミングになっただろう。(もうすこし、うすぼんやりとニューファミリー的にメルヘンな名に)
角住居のベランダのR感、耐力壁が表出しているだけかもしれないが、ベランダ側に縦に入っている白色のひし形連続仕切りデコラが、大規模マンションの水平的退屈感に、バーティカルなアクセントを与えている一方、外廊下側のファサードおよび非常階段の退屈感からしてかなり典型的マンション78といえる。唯一残念に思ったことが、ベランダ手すり部が、現代的なパンチングあるいはアクリルパネルで流線型にリフォームされてしまっている点。これがなければ、ほぼ満点だったのだが。

R8080153 R8080195 運河の反対側は、82年でやはり長谷工の「ニューライフマンション木場」。カラーリングはレッド系。こちらは規模も小さいからか、連続仕切りデコラもなく、コストセーブした印象。ただ、ベランダの手すり部が、ほぼ竣工時のままの柵仕切りな点は評価できる。ただ。道路に面する部分だけは交換済のようだ。及第点という感じか。

R8080192 「ニューライフ」の裏手には、マンション78には珍しく着まわし良さそうな地味系色でキメた、小型タイプを発見。塔屋が頭でっかちで愛嬌を感じる。

R8080162 この運河沿いは、まさにマンション78の激戦区。
木場駅からも豊洲駅からも10分以上と、立地はまさしくマンション78の王道をいく。



R8080220
コラボレーション by 高架下 & マンション78





R8080238 さらに塩見の方へ歩くと、コンパクトで自己主張の少ないタイプの、マンション78「ネオコーポ木場」を発見。80年by長谷工。写真には写ってないが、ちゃんと台形の塔屋も乗っている。

ベランダをリフォームしてしまっている上、
小規模なので、マンション78としてのアイデンティティは薄いと思われるが、それでも2本の連続仕切りデコラが、マンション78としてのプライドを感じさせる。

小規模=管理組合役員が少ないから、ダイナミックなリフォームが行われる可能性も高く、中古での購入を検討する若者も多いのではないか? 今後の変化に期待せざるをえない、隠れた異端児かもしれない。

最後に現実的な話をすれば、この地区のマンション78の60m2前後の居室は、現状1千万円台後半~2千万円台半ばで中古取引されている。築30年前後で交通は不便とはいえ、この価格帯が維持できているところからして、不動産価値の見地からもマンション78の評価は高いと思われる。外装はともかく、管理体制や、内装は徹底的なリノベーションがおこなわれている物件が多く、所得が少なめだけど都心近くに住みたいDINKSにはぜひオススメしたい。 僕個人的にはずっと独身だとしたら1千万円台後半であればつい衝動買いしてしまいそうな気がする。

最後はなんだか、住宅情報誌のリノベーションマンション特集のようになってしまった。

|

« 高架下初詣、カジュアル土木、ディテールについて、 | トップページ | モツ鍋からモツが消えた日 »

都市・土木」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
テレビ朝日の前川と申します。
ブログの長谷工さんのマンション78の回を見まして、
少しだけでもいいのでご質問させていただけないでしょうか。
どうぞよろしくお願いします。

投稿: 前川 | 2011年8月17日 (水) 16時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1269238/33048777

この記事へのトラックバック一覧です: マンション78 激戦区:

« 高架下初詣、カジュアル土木、ディテールについて、 | トップページ | モツ鍋からモツが消えた日 »