« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月の7件の記事

2009年10月27日 (火)

35mmフィルムを拡大してデジカメ写真と比較してみた。

一応、310000はデジタル工学(光学)ラボですので、たまにはマジメな実験をします。2009年現在、商業写真の世界でもデジタル一色となり、フィルムカメラはもはや風前の灯火です。特にキヤノンの一眼レフなど画質的には、すでに35mmフィルムを超えて中版フィルムに匹敵するといわれる一方、35mmフィルムは画素換算すると4000万画素あるなどとも主張する方面もあり、実際にチェックパターン等で実験されている人もいるようです。そういった厳密な実験の意義は評価しますが、310000では今回とある理由によって、できるだけ簡便な方法でデジタル写真とフィルム写真の比較を行います。とある理由とは、主に面倒くさいからですが。

【今回の比較機材】
・リバーサルフィルム:Ricoh GR1v 28mm / Fuji トレビ135 ISO100
・デジタル:Ricoh CX2 28mm相当 ISO80~100 最高画質モード

個人的には、最近買ったCX2が楽しくて仕方なく、「デジタルの便利さだけではなく、画質的にもGR1よりすでに上である」という結論に無理やりにも誘導したくなってしまうのですが、それでは310000の信用も疑われるので、えこひいきせず公平に評価します。測光モードは両者ともマルチパターンを使用し、露出補正等は0です。厳密にやろうと思えば、感度や露光量は同一にすべきですが、CX2ではマニュアル露出ができないこと、そもそもレンズの明るさも違ううえに、撮像素子に由来する根本的な違いとして被写界深度もあります。そして、写真を撮って現像するという流れを一連のトータルソリューションとして捉えれば、設定はカメラ任せにすべきだと思い、あえて全てオート設定にしています。簡単に言えばめんどくさいのです。フィルムで撮った写真は、フジカラーで現像して、キヤノンの複合機(MP810)にて4800dpi(約2800万画素)でスキャンし、sRGB色域でPhotoshopに渡し、編集しています。写真は最終的にブログ上でサービス版に近くなるサイズ(VGA)にしています。全体の雰囲気や色を見るためにそのまま縮小して掲載したもの、解像度をみるために拡大してトリミングしたものがあります。

識別用に、
・デジタルは右上か左上に青いマルを打ってます。
・フィルムは〃に赤いマルを打っています。

Kahakud
Kahakuf デジタルの方がどんよりと眠い感じです。一方フィルムは”色あざやか”という感じです。
拡大してみます。


Kahakuupd_2 Kahakuupf フィルムの方がシャープネスが強く、はっきりしていますが、デジタルも解像はしているようです。JPEGフォーマットがこういった細かい画像の圧縮に向いていないということもあります。



Colorfuld Colorfulf 色の濃さが全然違います。実際の見た目に近いのはデジタル、印象ではフィルムという気がします。これはフジのフィルムが「記憶色」の発色に重点を置いているからというのもあるのかもしれません。







Inud Inuf 犬をアップ。フィルムは白とび気味です。この写真の場合、デジタルの方が解像力がありそうです。






Juiced Juicef 自販機のジュース(アップ)。絵作りの傾向の違いが見られます。




Machid Machif デジタルの方が、ダイナミックレンジはかなり広いようです。フィルムはシャドーが省略されて消えていきますが、デジタルはノイズになっても残り続けます。もっともこれはリバーサルフィルムの特性なので、ネガではまた異なります。






Centerd Centerf 螺旋階段のアップ。こういうシーンでの色やシャープネスの傾向は、個人的にはデジタルが好きです。






Shuhend Shuhenf 今までの拡大画像は主にレンズ中心ですが、周辺を見てみます。
フィルムの方はレンズが周辺まで特性の良いGRレンズなので期待しましたが、あまり変わらないという印象です。



Kakudaid Kakudaif これは確かレンズ中央付近。デジタルの方がぼんやりしているけど、解像度はあります。(逆にフィルムの方が解像”感”はある)





Namerakad Namerakaf フィルムのスキャン解像度(4800dpi=2800万画素)まで引き伸ばした画像。写真の中央よりに写っていたマンションのモデルルームの看板です。デジタルの方はマンション名が読めますが、フィルムの方は読めません。


以上、専用のフィルムスキャナーではないので、スキャンの品位があまり良くないというのもあると思いますが、現状の1000万画素のコンパクトデジカメ(約3万5千円)は、10年前の10万円のフィルムカメラとほぼ同じか、それを超える解像力があるといえます。しかも現像代不要、フィルムや電池の購入不要、CX2は10倍ズームやこのブログの前の記事で紹介したさまざまな機能があるのですから、かなりお得感あると思います。結果的に宣伝しているみたいに聞こえますけど。。。

最後に、色というのは完全に好みの範疇だと個人的には思っています。色が好みでないのなら、ポストプロダクションのPhotoshop等で色を変えればいいと思います。よく、フィルムの自家現像等で色や光や影を作るのはOKだけど、フォトショはNGだとか言う、アナクロな人がいますが、それは本質的なことではないでしょう。そもそもフィルムの色自体がメーカーの意図によって着色(発色)されているもののわけで・・・(一方、デジカメの画像の色も、カメラメーカーの意図するところですが)、コダックやらアグファの色があるように、デジカメも「標準」やら「ビビッド」やら「ソフト」やら選べるし、フォトショで編集しやすいような発色を撮影時には選択するのも、自由です。つまり僕のいいたいことは、「写真は自由だ」ってことじゃないかと思います。(違う?)
ま、いじれます、いろいろ。下のは、青と緑のマルがあるのがデジタルをフィルムっぽい色にすべく頑張った物、逆に赤と緑のマルがあるのがフィルムをデジタルっぽくするため頑張ったもの。それぞれオリジナルも併せて載せてます。

Tatemonod Tatemonof







Tatemonodmod Tatemonofmod







お手軽に色調整したものですが、ひとつだけデジタルのアドバンテージを挙げるならば、デジタルの方がシャドーがつぶれていない分、また地味めの発色な分、より大きな編集余地があることです。

続きを読む "35mmフィルムを拡大してデジカメ写真と比較してみた。"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年10月18日 (日)

CX2のモノクロ。

Hanahicon_2 Garamono リコーCX2には、ハイコントラストモノクロという機能があるんだけど、実にこれがいい感じに仕上がります。
最近やたら柄物の服が多い気がしてきた。






Skirt 制服なみにペアルックな人々も。このからし色、嫌いじゃないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

武蔵野放浪/マルマルフサフサ

久々に武蔵野を彷徨いたくなり、三鷹へ。三鷹は駅前すぐに玉川上水があって、自然が近いのが良いところ。基本的に荻窪~武蔵境あたりの宅地の環境は好ましい。三鷹へ着いてみると、どうやらタワーマンションの建設ラッシュのようであり、交通至便な所から幽玄なる宅地が失われていくようだが、果たしてそれが良いことなのか悪いことなのかは、僕には分からない。Komorebi2
Kusamidori Ekiueki Komorebi Hanacolor Kusamidori2 Shokasen

続きを読む "武蔵野放浪/マルマルフサフサ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月13日 (火)

スカイツリーの建設現場を見てきた

Topskyatree_4 最近、電車からもよく見える、スカイツリー。浅草から歩いて見に行ってきました。下町の商店街に突如あらわれた世界レベルの鉄骨の、あまりに暴力的なさまを中心にレポートする。

Boryoku_3買ったばかりのリコーCX2の300mmズームを生かして撮影。傍若無人な破壊力で、ドーンドーンと出来てきている。説明看板によると、現在160~180m位のようです。完成すると600m以上と聞いているので、この4倍近い暴力っぷりが実現されるわけだ。 Boryoku2_2 Boryoku3_3

Withflower_2あまりに無骨な写真ばかりになりすぎると思って、花を入れた。接写力を生かして。

Sukasazu_2あまりに人間味のない写真ばかりになるので、行き当たりスナップ。

Hicon0_2 Hicon_2せっかくなんでハイコントラスト白黒機能も使う。

Gyudonその後なぜか青山に移動して吉牛で並。久々に食べたが、東京の吉牛はうまい。(千葉県内はところによりいまいち)

Doutor1青山のドトールは、なぜか少し瀟洒だ。なぜなら青山だからだと思う。 Doutor2

Hills青山から見える六本木ヒルズも、やはり暴力的な感じ。個人的にはアークヒルズも忘れないで欲しい。

Sorakuダイナミックレンジ拡大ダブルショットの力をかりて、トウキョウソラ区暫定復活。ダイナ(略)のせいか、ややオランダっぽい色の雲。

Saikaihatu渋谷に行ったら、東急会館があったところが無くなって、再開発中。不思議な小路が宮益坂(←読めない)の方へ通じていた。

Nenndaimono古めの都市型アパートメントの裏側がよい具合。

Kunou再度行き当たりばったりスナップ。タイトル”苦悩”(安易)

Hdrmiss_2 ダブルショットはミスると、アヴァンギャルド風に。(あるいは下手なレタッチ風)

Sukasazu2_2強力な連写機能を生かして、秒間30コマから1枚を抜きだすという、緊張感のかけらもないスナップ。

Realclothes主張する、渋谷の、リアル・クローズ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月12日 (月)

リコーCX2は、GR1の代替として実はベストじゃなかろうか

Cx2

勢いでCX2を購入し、この連休で1000枚程撮った。このデジカメはデザインが良く、機能も豊富な一方、ネットのサンプルでみた画質がなんとなくボヤッ、モヤッって感じで躊躇していたのだが、実際使ってみての印象は、画質も問題ないレベルだった。少なくともパソコンの画面やハイビジョンテレビで見ている位では普段使っているフジのファインピクスと大差無い(むしろ色の感じは好み)。また、前に使っていたGRDIIで感じたような、極端なマゼンダかぶりとか、作為的な発色が無くなったのは良い点でありながらも、時々リコーらしい発色を見せる。

Kusa

ぬるりとした渋い発色。フジだともっと青っぽく写実的になってしまい、この雰囲気は出ない思う。

1000枚撮って傾向が大体分かったが、結論から言うと、もはやデジタル一眼レフっていらないのでは?という感じだ。こんなにコンパクトなのにズームは28mm~300mmで、某所から撮った新宿都心もこうなる。

Shinjuku1広角側28mm

Shinjuku300ズーム側300mm

もともとリコーは接写は業界トップレベルなわけだが、このCX2ではますますパワーアップしており、レンズ前1cmまで寄って撮れる。

Macro1Macro2

ダイナミックレンジ拡大用のダブルショット機能も、予想外に使える。このモードで撮ると、露出の異なる2枚を連写・合成してダイナミックレンジを確保するため、ブレたり2重に写ったりを心配していたのだが、実際は明るい日中ならば全く問題がないようだ。露出はシーンによって自動調整されるため、効く場面とそんなに効かない場面があり、下のスカイツリーの写真が一番分かりやすかった。

Drunder空に露出を合わせると船はアンダーになり、

Drover船に合わせると空は白とびするが、

Drgoodダイナミックレンジ、ダブルショットでちょうどよく。

連写も何種類か設定があり、120枚/秒が最高だが、画質は落ちる。使いやすいと感じたのは、30枚/秒をシャッターから指を離す直前1秒間記録出来て画質が200万画素位のモード。これだとハイビジョンテレビで見ても違和感ないし、そこそこ速いものも撮れる。撮ったものはMPファイルという独自の1ファイルに集約されるが、そこからベストショットをJPEGに書き出すことが出来る。

Hispeed1 Hispeed2

その他の”演出的”なシーンモードも、遊べる。(たぶん、すぐ飽きるだろうが)

Mini1 (2007年頃に)流行ったミニチュアライズは、こんな感じ。 Mini2

Hicon1 ハイコントラスト白黒は、こんな風にフィルムグレインも加わって劇画調に。 Hicon2 Hicon3 Hicon4

ズーム時の画質を見るかぎり、もはや一眼レフいらないレベルに来ていると僕は思う。少なくともサービス版のプリントでは差は分からないのではないか。

Zoom_1 Zoom_2

Zoom_3 Zoom_4

欠点が無いかといえば、この超高感度が当たり前の時代に、高感度に弱い。こないだ借りたソニーなんてISO3200でも実用レベルに来ているのに、このカメラはISO400がなんとか許容できるノイズ感。それと、フラッシュや顔認識は、超すごいフジの足元にも及ばないレベルなので、飲み会とかには絶対フジを持っていくべきだと個人的に思う。

Snap1 とはいえ、GRゆずりのワンプッシュでスナップ焦点固定機能などもあって、スナップシューティングなカメラとしては最高だと思う。 Snap2 Snap3 Snap4

早くも310000の常用カメラに認定のもよう。GR1vの正統な後継は、GRDIIIではなく、こっちではないかと、思ったりもしたりした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 4日 (日)

「カメラはソニー」はだてじゃない

Kamera_3ソニーさんより最新のサイバーショットWX1というのを借りた。無料で借りてるからといってバイアスをかけているつもりはないけど、デザインはシンプル、ケータイよりもやや小ぶりの名刺入れサイズで持ち運びやすく、新開発のセンサーで、感度3200でも少し古めのデジカメの感度400くらいのクオリティで撮影できる上、ハイビジョンムービーまで撮れるという優れもの。一番すごいと思ったのが、半自動で最大256度のパノラマが撮れること。これがすこぶる簡単で、液晶画面に出るスライダーを見ながらあらかじめ指定した方向にカメラをパンさせるだけでいい。横パノラマだけでなく、縦パノラマや、縦パノラマを横に構えて超広角レンズとしても使える。被写体が動いてなければ、1秒間に10コマの高速連写により計数百枚が自動合成されるのでつなぎ目はまったく分からないほど。百聞は一見にしかずというわけで実際撮ったものがこちら。(クリックで大きくなります)

Landscape_4

新宿御苑


Shinjuku_minami_3
新宿駅南口


Dennshanai_3
電車の中


Vertical_4



新宿NSビルの吹き抜けを縦パノラマで






Eki_kanban_2
山手線に乗ったまま撮るとこうなる



Ocha1_2
御茶ノ水


Ocha2_2 御茶ノ水


Koukaku_2
縦パノラマを横に撮ると、
超広角風
ほぼ16:9






Zoom_2
ズーム120mm相当。
普通のカメラとしても、なかなか。






ここ5年ほどソニーは絶不調の時期だったが、最近ようやく復活の兆しでは。デジカメにしても「カメラはソニー」と宣言して頑張ってるし、アップルに独占されてしまったポータブル音楽プレイヤーも、今や新規販売のシェアでアップルに迫る勢いと聞く。音楽聴かない僕も、もし買うならiPodよりソニーのを選ぶと思う。

余談だが、液晶テレビは間違いなくソニーのブラビアがいいよ。他のメーカーのテレビにも同じくらい画質いいのもあるけど、デザインや仕上がイマイチだったりと、総合的に見てソニーが一番。個人的な印象になるけど、シャープは画質、視野角、デザインともにやや残念。最近に発売のは改良されて違うかもしれないけど、映像のチューニングが上手くないのか色や輪郭が少し眠い気がするのと、少し斜めに見ると黒が白く浮いて見える場合がある。「世界の亀山ブランド」のイメージは強烈だが、液晶パネルというのは液晶テレビのもっともベーシックな"素材"であって、パネル自体はソニーのように韓国(サムソンとの合弁会社S-LCD)から調達しても問題ないのだろう。本当に大事なのはそのパネルに映す絵を作る”映像エンジン”なので、このエンジンの良いメーカーを選ぶのが正解なのだと思う。国産ヒノキで組んでも必ずしも良い家が建つとは限らない一方、輸入の木材で組んでも間取りや壁の仕上が良ければ良い家になるような例にたとえられるかもしれない。ちなみにソニーはパネルを、今後はS-LCD社以外にもシャープからも買うとかいうニュースを少し前に見た(うろ覚えなんで間違いないだったらごめんなさい)。テレビ自体はライバル同士なのに、パネルでは協力しあうということが頻繁にある複雑な業界らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月 2日 (金)

計画的な九龍城砦、310000の原点。

サンシャインシティは無駄にデカイと思う。サンシャイン60とプリンスホテルの2大高層ビルは良いとしても、池袋駅から延々と歩かせる参道を地下で抜けると、まず小学生高学年女子向けの服屋やまるで緊張感の無い店が集まるALPAやALTAというダラダラとしたショッピングモールに始まるサンシャインシティ。高層ビルのある背の低い区画の先に抜けると、やたらでかいワールドインポートマートという箱物。水族館にナムコナンジャタウン、プラネタリウム、囲碁サロンや職安まである上、心霊スポットの公園まで併設するという変な充実ぶり。ワールドインポートのさらに奥地のほとんど人が行かないところにまた文化会館というやたらとデカイ箱物(これら2つは、”ビル”というより”構造物”と呼んだ方が適切だろう)がある。ここはほとんどイベント会場と劇場なので、そもそも人気が少ないが、念を押すかのように古代オリエント美術館といったマニアックな”文化施設”とスポーツクラブ。この構造物の上はどうやらマンションらしい。かなりボロクソに書いた気がするが、サンシャインシティは30年前の施設と思い至れば、こういった複合施設の上に住宅があるのは、意外に今風なのかもしれない。
0909230179
それにしても、文化会館側から見た時の、この妙な”巨大構造物感”はなんだろう。すごく無理して造ってる感じがあるのだ。必要があって造られたというより、何が何でもこの土地を覆い尽くさなければならなかったといった執着心のようなものが。たしかにこの区画は元”Sugamo Prison”でA級戦犯らが処刑された場所。だからといってここまで草の生える場所もないほど建物で覆い尽くさなくてもって気がする。なんというか、計画性を持って造られた九龍城砦のような、そんな印象が残る足の踏み場のなさ。建蔽率とかどうなってるんだろう?

0909230159
色々書いたが、サンシャインシティは310000が本格的に活動をはじめた原点の場所でもある。2004年ごろはこれとほぼ同じ写真が310000の表紙だった。違うのは、当時はケータイで撮っていたが、いまはデジカメなこと。当然画質は大違いだけど、基本的なコンセプトというか、写真の撮り方はさほど変わっていない。今回のこの2枚の写真は、当時と同じようにサチュレーションをいじってある。
0909230158
でももっとくっきりはっきり濃い写真だったと思う。あの頃のタイトル写真、どこかのサーバーに残ってないかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »