« 9月後半という事象。 | トップページ | エスカレーター鑑賞という趣味 »

2009年9月27日 (日)

池袋における行き止まりの潔さ。

0909270081_2 0909270082_2前々からここは気になっていたし認識していたが、あらためてみるとやはり日本最大級のデッドエンド感。左が北向きの写真で、右が南向きの写真。ドカーンっと道が途切れる。この潔さというか、気風のよさには参った。

参考までに、場所はここです。

大きな地図で見る
最近、わりに池袋が面白い。
0909270078 これは今日発見した、アールヌーボ階段。パリの地下鉄の入り口そっくり。ギマールギマール叫んでたら、同行者に「ギマールって言いたいだけだろ」とつっこまれた。指摘は正しい。ただ、言いたいだけってのは、それ自身が正当な行為だと僕は思う。ちなみにギマールって叫んだ5分後とつぜん「メンシェヴィキ!」と叫びたくなったが、あまりに脈絡が無いので差し控える。









0909270077 目白に近い界隈から見る新宿新都心は、超かっこいいビュー。
新宿の超高層ビルは、1個1個がかっこいい造り。
特に70年代のは、ちゃんとそれぞれにテーゼや思想が垣間見れて楽しい。











0909270073 一方で、池袋サンシャインのこのやる気のなさ。
撮る方も、電柱に重ねたりしてやる気がないが。
1978年から長い間日本一高かったくせに、しかも池袋の唯一のメジャーな再開発なのに、ランドマークたるサンシャイン60がデザインもへったくれもない墓石。ビルマニアにはこういった愛想の無いデザインを好む好事家も多いが、個人的にもこのやる気の無さは意外と好きだったりする。屋上のエレベーター用の箱もモロむき出しで、モダンねーこの子。

池袋は、今後も定期的に特集する予定です。

不定期に。 (あれ?)

|

« 9月後半という事象。 | トップページ | エスカレーター鑑賞という趣味 »

都市・土木」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 池袋における行き止まりの潔さ。:

« 9月後半という事象。 | トップページ | エスカレーター鑑賞という趣味 »