トップページ | 2009年10月 »

2009年9月の17件の記事

2009年9月27日 (日)

エスカレーター鑑賞という趣味

エスカレーターの交流会(?)に行って、さまざま見てきた。
僕はこの分野、趣味人としてはド素人だけど、子供の頃に都内の某デパートのエスカレーターに足をはさまれ、レスキュー隊が消防車10台くらいかけつけ救出されたことがあり、かかわりは実は深く長い。 (3歳くらいだったから本人はうろ覚えだけど、実は後日デパートの支配人が家まで菓子折り持って訪問するくらいの一大パジェントだったらしい。もちろん助かったので五体満足にこれを書いてる)

とりあえずどーん、ドーンと写真。
0909260034 09092600570909260032 0909260040











普通に美しい。美的。
全体的な構成とか、立体感とか難しいことは知らない。
ディテール重視の自分としては、手すりの部分のゴム感とか、床板の模様とかの方に魅かれた。

詳しい方々がたくさん来られていて(実はメーカーの人も何人かいたり)、エスカレーター鑑賞業界は間口も案外広いようだが、もっともオーソドックスな部分は乗り始めの部分のRの形状のようだ。日立のエスコートラインがどうとか。

0909270072

これは翌日個人的に見つけたもの。下から来るのも、上へ行くのも全部日立だったけど、なぜかこの写真の階のところでエスコートラインが崩れる。不思議。ってか奥のエスコートラインが上下逆になっている気がする。





0909260026 0909260061

シンドラーとオーチスのライン。








0909260015

この変なボコッとした部分が気になった。
エスカレーター自身よりもむしろ。
中詰まっているのか、いないのか、それが問題だ。
もし中までステンレス(18-8系)がギッシリつまっているとしたら、それはそれで、すさまじいゼイタクだと思う。

懇親会にてMy Favorite Escalator的な話題があったが、

個人的には京都駅(伊勢丹)のエスカレーターがいちばんすごいと思う。
最後に京都に行ったのはずいぶん前で、うろ覚えだが、確かポチョムキン階段の方のエスカレーターのほかに、伊勢丹の売場内を3階から11階くらいまで一直線に登るエスカレーターがあるはず。(なぜかネットで調べても、あんまり出てこない。でもすごいよあれ)

それと、江ノ島が気になる。中学のとき遠足で行ってのったきりだが、あそこには「エスカー」なる擬似エスカレーター的ライドがある。ものの本によると、Extra-transport System of City ARea の略で、世界でここにしかないものらしいが、僕には普通のエスカレーターにしか見えなかった。どこまでが真実で、どこまでが本当なのだろう?

※注
ポチョムキン階段というのは、こういうの。
0909270067 エイゼンシュタインの映画『戦艦ポチョムキン』のかの有名なオデッサのシーンに出てくる、やたら幅の広く角度のゆるい階段。
この写真の階段は、西武池袋の社員通用口らしいが、右一列しか使ってない。何のためにあるんだろう?設計者個人のモンタージュ技法へのリスペクトか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

池袋における行き止まりの潔さ。

0909270081_2 0909270082_2前々からここは気になっていたし認識していたが、あらためてみるとやはり日本最大級のデッドエンド感。左が北向きの写真で、右が南向きの写真。ドカーンっと道が途切れる。この潔さというか、気風のよさには参った。

参考までに、場所はここです。

大きな地図で見る
最近、わりに池袋が面白い。
0909270078 これは今日発見した、アールヌーボ階段。パリの地下鉄の入り口そっくり。ギマールギマール叫んでたら、同行者に「ギマールって言いたいだけだろ」とつっこまれた。指摘は正しい。ただ、言いたいだけってのは、それ自身が正当な行為だと僕は思う。ちなみにギマールって叫んだ5分後とつぜん「メンシェヴィキ!」と叫びたくなったが、あまりに脈絡が無いので差し控える。









0909270077 目白に近い界隈から見る新宿新都心は、超かっこいいビュー。
新宿の超高層ビルは、1個1個がかっこいい造り。
特に70年代のは、ちゃんとそれぞれにテーゼや思想が垣間見れて楽しい。











0909270073 一方で、池袋サンシャインのこのやる気のなさ。
撮る方も、電柱に重ねたりしてやる気がないが。
1978年から長い間日本一高かったくせに、しかも池袋の唯一のメジャーな再開発なのに、ランドマークたるサンシャイン60がデザインもへったくれもない墓石。ビルマニアにはこういった愛想の無いデザインを好む好事家も多いが、個人的にもこのやる気の無さは意外と好きだったりする。屋上のエレベーター用の箱もモロむき出しで、モダンねーこの子。

池袋は、今後も定期的に特集する予定です。

不定期に。 (あれ?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月23日 (水)

9月後半という事象。

シルバーウィークは、特になにもすることなく、ブラブラゴロゴロしていた。
もう9月も後半になる。8月の終わりごろから、夏の終わり感が出てきて、心理的に連続性を欠いたまま、こういう季節になる、毎年。
年々、季節とか台風とかに敏感に影響される体質に。
連続性の無さ、というとかっこよいのだが、単にそのときの気分で生きているだけなのだ。でも、人間とか動物って、おそらくみんなそんなもんだろう。
0909230190 0909230177 0909230141





一貫性をもって生きようとは努めてみるものの、結局、その季節、その季節の気分で、日々を生きている。
今年の秋冬は、今まで以上にセンチメンタルになるだろうと、予測される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

泥棒、狼煙、千葉そごう、韓国、ならびにドンペリ

0908220041 不況もなんのその。最近もデイリーポータルは楽しそうでよきこと。
写真は、ドンペリで作った世界一贅沢(かつ無駄な)フルーツポンチ。

みんなで泥棒になったり。
http://portal.nifty.com/2008/04/28/d/

のろしを上げて、同僚の優しさに心打たれたり。
http://portal.nifty.com/2009/06/25/b/4.htm

番号札を失くさないよう拡大したり。
http://portal.nifty.com/2009/08/29/a/2.htm

以上、くだらないですが、
下の記事に出てくる、グッゲンハイム(らせん)駐車場はすごい。
しかも2重らせんX2って、ワトソンとクリークかよ!
http://portal.nifty.com/2009/02/26/b/3.htm
千葉そごうはたまに行くのに、車で行ったことなくて迂闊だった。
今度ぜひ車で行ってみよう。

韓国が団地天国っていう記事もあるが、
http://portal.nifty.com/2009/03/27/b/
実際僕もプサンに行ったとき、そんな感じだったよ。
Dscf1004_2 Dscf1036_2 日本よりも住宅が高層化しているし、道路は広いし、遠目にみると日本より先進国に見えるよね。 実際近づくと、やっぱり日本のレベルの高さを感じるんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

今週2回目(プレミアムのり塩)

0909160001 はまります。
普通のポテトチップスとは全然違う。
家でじゃがいもから作ったような感覚の歯ごたえ。
ところで、カルビーが根本的に信じられない。
どう逆立ちしてもコイケヤの方がうまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

東京港臨海大橋(仮称)一般公開

0907050012 近所で作ってるのでスケール感は知ってるが、来週いよいよ実際の架設現場を見学できるらしい。すごく行きたい。
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20090820_309663.html
橋りょうの大きさ以前に、6000トンを持ち上げるサルベージ船(複数台でだろうけど)が存在することが純粋にすごいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レストランが回転する文化圏

Shinsen 前に香港に行ったときに、ちょっと足をのばして電車で深センまで行った。そこで回転タイプの展望レストランを見つけた僕は、ひとりはしゃいだ。
日本では、ニューオータニをさきがけに、各地のデパートの上に載っている回転展望レストラン。関東以外の事情は知らないが、とりわけ「そごう」は設置率高い気がする。

Ksogo 近場で言えば写真の柏そごう、大宮そごう松戸伊勢丹、等。
あ、有楽町にある東京交通会館も、そうだ。

これはやはり日本オリジナルなのだろうか?
それとも海外にモデルがあるのか?
日本で最初に出来たニューオータニについて、R25に戦艦大和用に開発した砲塔のギアを利用したと書いてあるから、どうも日本発祥ってことで間違いなさそう。

とすると、ハワイにある、トップオブワイキキは、ワイハ好きの日本人が持ち込んだ文化となる。 するとさらに太平洋を超えて、カリフォルニアとかには達してないんだろうか?
ラスベガスあたりに1個くらいあっても良さそうなものだが。

日本から見て大陸側は、ぱっと見て韓国とかにはなさそう。
香港になくて、なんで深センにあるのかは謎。
関係ないが、この深センの駅前は、回転展望レストラン以前に、
Kashiwa

なんとなく、高層化した柏っぽい。
あるいは一瞬、池袋にも見えなくもない。

回転展望レストランについては、今後のさらなる研究が待たれるところだ。(面倒くさいので僕は調べたくない)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チーズ日和

0909130006お昼近くに起きて、近所のサイゼリアでダブルチーズのマルゲリータとペペロンチーノを食べた。最近、チーズを多く摂るよう心掛けている。日本人は致命的にカルシウムが不足しがちな民族らしいので。
それにしても、今日はいい日和だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GR Digital IIの記憶

もう売ってしまったが、1年ほどGR Digital IIという高級コンパクトデジカメを使っていた。
撮りためておいた写真。

こうしてあらためて見ると、確かにレンズは最高(単焦点だからあたりまえといえばあたりまえ)だし、ピントもすごい。硬調やカスタム色で撮ったものはリバーサルみたいだし、白黒の雰囲気は安物とはわけが違う。しかし単焦点広角のみってのは時にズームも欲しいことがあるし、風景はよく写るが、ポートレートとか人の描写はいまいち。フラッシュ制御も月並みだし、高感度特性もいまいち。天気や光源の状態によっては、マゼンダっぽい色に転ぶことが多かったし、色もリバーサルを意識しすぎて、リアリティに欠ける。絵画的といRimg0625うか、空気の情感を伝えるカメラではなかった。 あくまで条件の良い屋外で、街角スナップ向け限定カメラだと思う。 これならフジの安物のほうが何倍も凄い。 当面はリコーのカメラを買う気ににはならない。

ま、APSサイズかフルサイズのCMOSとか搭載するようだったら、考えてもいいが、それはきっとGR Digital 5か6位になるのだろう。

R0010057_4 R0010456_4 R0010616_2 R0010667_3  







R0010941_2

R0010861_3

R0010792_6

 

R0011515_2

R0011583_2

 

 

R0011576_2


R0011585






R0011484_2

R0011586 R0011588




R0011601 R0011796 Rimg0156







 

 


Rimg0675

Rimg0750Rimg1088_2

Rimg1196

Rimg0567

Rimg0668

| | コメント (0) | トラックバック (0)

短かった夏

今年の夏は、短かった。 お盆を過ぎると、すぐ寒くなった。
この夏撮った写真は、だいたい千枚ちょっと。もちろん全部デジカメ。
あとで2009年の夏を思い出せるよう、ここに何枚か印象の強い写真を残しておく。0906260010 0908150318
0906260060 0907250012_20907260076

| | コメント (0) | トラックバック (0)

規格品にみる美学

この夏、僕は湾岸線を都心方面に走っていて、車窓に見えた大井のコンテナ埠頭に行ってみたくなり、途中で下車して見に行った。

Cl コンテナという規格品の美。色違いバージョンを積み上げたまだらなタイプ。
Hyu 同じカラーを積み上げたタイプ、どちらもそれぞれに美学を感じる。





今回僕が一番美しいと感じたのは、以下の白コンテナである。
幾何学的な重ね方をしているので、引きで撮っても、ズームで撮っても、いわずもがなな魅力がある。
0908120104 0908120098

0908120106




また、機会があったら寄ってみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月12日 (土)

はとクロニカル

いまさら村上春樹
1Q84を読み始めた。40ページばかり読んで、睡魔に襲われ昼寝。後ろで燃えているのは線香。最近お香やアロマの代用で焚く。安いし、寝る前に焚くと安眠できる。(そのまま成仏する勢いだ)。

そんなわけで、こう怠惰に退屈に生きているわけで、僕の属する世界のねじはどうやらあんまり巻かれないようだ。

遅ればせながら、私はハトと申します。かなり、うつろです。名前をひらがなに改名しようか、いま迷いだしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界ラブホ遺産、エキチカ、暴力的な構造体

Ugu鶯谷を世界遺産に。

そんな活動をやってた。(3日でやめたが)

でも、最近鶯谷を通りかかって、やっぱり
これはゆくゆくは世界遺産だろうと思った。

ラブホ街が醸し出す、オリエンタリズム。

次にいきなりダクトの写真が出てくるが、Eki 上野駅のもっとも鶯谷よりの部分。
実はこのあたりの構造物の中に、僕は入ったことがある。学生時代に駅でバイトしていて、ゴミ収集場がちょうどこのダクトの下の地下にあった。
ここは東北新幹線の上野開業と同時にできた部分で、地下には400m新幹線ホームがあるが、さらにその先に扉があり、実は鶯谷駅直前まで地下には構造体が続いている。
それも地下4階とか5階とか、半端ない深さにまで、事務所や詰所らしきものがあり、ゴミ収集場はさらにその果てにあった。もう10年近く前のことだが、当時はそこに行くのがなかなか楽しかった記憶がある。そこに行くまでに業務用のエレベータに乗るのだが、パスワードが必要だったり、「ボタン同時押し」というゲームチックなしかけで侵入者を排除するからくりが実に愉快だった。

その不可思議にでかく深い地下構造体も、新幹線が25mx16両=400mという長大編成だから、ありえる話。(普通の電車は10両で200m)。 東北新幹線の開業で、北関東~東北の各都市にはそれぞれ400m以上の構造体が現れたわけだが、その巨大感は実にぐっとくる。 特に大宮の西口が良い。 それまで未開発だった大宮西口の昔の商店街のような駅前に、現れる新幹線駅舎の写真をどこかの展示で見たことがあるが、実に暴力的な感じであった。 それ以来、なぜか大宮という街がすごく好きになった。
今、千葉に住んでいるが、ゆくゆくは大宮で余生を送りたい。

Ue おなかがすいたので、おにぎりを買って、上野公園のしのばずの池付近で、ホームレスに混じって食べる。

こうして僕の20代はもうすぐ終わっていくのだ。

いったい何をしているんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モテス

モテス
モバイル投稿テスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふたりBBQ その後

8 歯医者に行って、歯科衛生士に歯を少しきれいにしてもらった、そんな今夜のこと。

今「ステーキ」といえば、ふつうビーフステーキのことで、
これが昭和の前半までは、おもに「ビフテキ」と呼ばれていた。
そしてもっと前、明治~大正の頃はなぜか「ビステキ」と言われていた。

これは”さる有名なブログ”から得たコネタなのだが、
そこにはこうもあった。
昭和30年代の野外行楽(今でいうアウトドア)の本には、
「バーベキュー」が「バビキュウ」と書かれてあったと。

この音の響きを頭の中で反復していたら、
あるひとつのテーゼが僕の中に生まれた。

「次に撮る映画のタイトルは、
 『君がいない世界で、ひとり僕はバビキュウをする』
にしよう」と。
もちろん、ストーリは未定だ。

次に撮る映画といっても、そもそも僕は映画を撮ったことがないのだ。
タイトルに掲げた「ふたりBBQ」は知る人ぞ知る歴史の闇に葬られた迷画で、
2004年頃、310000 - Simple/Plan共同合作で構想され機材も集めたものの、
クラインクイン直後「ロケハンの際に、どういうロケ弁を食べるか?」で
紛糾し、結局は世間の陽の目を浴びることにはならなかった。

コンセプトは良かったと思うから、
もしあれが公開されていたら、僕らは今頃「釜山国際映画際」くらいには招待されていただろうし、こんな田舎で単純労働者はしていなかっただろう。

5

あれから5年。
僕らは日々刻々と変化しつつも、多少は前に進んだし、一方でいくぶんの疲弊を感じるようになった。
それでもなお、季節の変わり目の空の美しさに、今日も心を魅かれているのである。9
11

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケタ違いの中国。

中国に行くと、あらゆることがケタ違いになる。
そう感じている人は多いと思う。
ここでいうケタ違い、というのはけっして「ヒトけた」では済まないところが
ポイントである。 おおむね「2ケタ」は日本とはスケールが違う。

人口は日本とヒトけた しか変わらないというのに。
去年のリーマンショック以降の大不況で、
失業者増加のニュース聞いてても、そう思った。
日本では、「期間労働者を中心に、数万人~10万人失業」とのニュース
中国では、「少なくとも2000万人は失業」とのニュース。

・先日、なぜかダムについて興味を持ってwikipediaなどで調べていたのだが、中国で30年ほどにあった板橋ダムの決壊事故のスケール感には驚かされる。
”集中豪雨で上流の2基のダムが決壊したのを皮切りに、下流にある計62基のダムが連続的に崩壊し、推定2万6千人が流された。”というのだ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%BF%E6%A9%8B%E3%83%80%E3%83%A0

・それにもめげず、中国は世界最大級の三峡ダムを建設中である。
日本でも高度成長期にダムが多く造られ、「ダム湖に沈む村」なんて話はわりとよく聞く。近場で例を挙げれば、東京都の奥多摩湖のダムを建設したときには、約6千人の村民が立ち退きを求められたらしい。もちろん十分な補償と合意のもとに。
一方中国では三峡ダムを造るために、立ち退きを強いられる人の数は300万人以上。まさにケタ違いなうえに、十分な補償も受けられないらしい。なんと。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%B3%A1%E3%83%80%E3%83%A0

・飢饉にしても、そうだ。
日本でも江戸時代は凶作が多く、特に東北地方では昭和に入っても飢饉があった。
「娘を売る」なんて話や、2・26事件→戦争の時代への引き金になったという話もあるが、身売り出稼ぎ者の総数は、数万人程度らしく。餓死者はもっと少ないかもしれない。そもそももっと前の江戸時代の飢饉でも、餓死者は全国で数十万人なのだから。
中国ではそう遠くない1960年頃、毛沢東の大躍進政策という、狂った共産主義科学の失敗ですさまじい飢饉となった。
餓死した人数は、あくまでも推定の域を出ないが、2000万人~5000万人。
ああ、ケタ違いである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログはじめました

今日、ここから引っ越してきました。
http://www.310000.org/cgi/column/diary/index.htm

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2009年10月 »